メニューを開く

沿革

  • 会社創業。丸太運輸株式会社 の作業部門を分離して、「丸太工業株式会社」を資本金1000万円で設立

    代表取締役社長 髙村 博三

    本店所在地 名古屋市瑞穂区新開町22番地20号

    大同製鋼株式会社 知多工場内で業務開始

  • 大同製鋼株式会社 知多工場内で利材工場稼働開始

    ※総工費1億円をかけ利材工場を完成。生産能力9,400t/月(破砕サイズ50ミリ以下)

  • 大同製鋼株式会社 築地工場内で業務開始

  • 大同製鋼株式会社 星崎工場内で業務開始

    ※製鋼(定盤)作業からスタート

  • 大同製鋼株式会社 高蔵製作所内で業務開始

    大塚工業(従業員36名)を吸収合併(築地作業所23名、高蔵作業所13名)

  • 知多作業所内で板金工場稼働開始

    ※工場は鉄骨平屋建、152㎡ 旋盤・ポール盤・セーバーなどの設備が設置された。

  • 一般建設業認可(板金工事、機械器具設置工事)

  • 大同特殊鋼株式会社 渋川工場で業務開始

    ※施設の補修作業および環境測定作業からスタート

     

    カットワイヤー製造の事業化

    ※「古ワイヤーから研掃材を製造する方法」について、1976年1月から研究を開始し11ヵ月をかけ商品化に成功。東海倉庫(本社事業所所在地ー東海市名和町)において製造を開始、1980年8月26日に特許が確定された。

  • 資本金4000万円に増資

  • 大同特殊鋼株式会社知多工場内に本社社屋を新築移転

  • 社名を「大同テクニカ株式会社」に変更

  • 渋川事業所営業権を榛名鋼業㈱(現在の大同スターテクノ株式会社)に譲渡

    知多事業所生産部を生産第一部と生産第二部に分割

  • 特定建設業認可

  • 知多事業所に生産第三部を発足

  • 豊和実業株式会社から鉄原処理事業を譲受

  • 株式会社大同ライフサービスから金属加工事業を譲受

  • 鬼頭鋼材株式会社から帯鋼スリット事業を譲受

  • ステップアップ式独身寮・社宅制度導入

  • 第2独身寮開設

  • エンジニアリング部門を大同マシナリー株式会社に事業譲渡

    生産事業およびリサイクル事業に特化した組織に変更

  • 第3独身寮開設

  • 新独身寮を開設。第2・第3独身寮を集約

  • 大同特殊鋼(株)の100%子会社化