メニューを開く

インタビューVol.1

先輩インタビュー
先輩インタビュー

この会社に入社したのは、鉄鋼に憧れがあったことと製紙工場に勤める職人気質の父親の姿を見て、自分も同じようになりたいと思ったから。

新入社員教育では、根性を叩き直されました(笑)。教官の厳しい指導があったおかげで、クレーン試験はすんなり合格できました。

仕事は、薄い帯状の鉄のロールを、顧客の要望にあわせて切断する仕事を任されています。最終工程の仕事なので、自分の携わった製品にクレームが付いたときは、すごく落ち込みますが、そんな時は職場の先輩に助けられています。

先頭に立つより、陰で支えたい。そんな本気な自分が出せる場所

僕は先頭に立つよりも陰で人を支えるのが好きです。野球で言えばキャッチャーかな。会社でも縁の下の力持ちでいたいと思います。職場のムードメーカーであり、先輩を支えたり、後輩の相談役であり、そんな本気な自分が出せる場所ですねこの会社は。

寮に住んでいるのですが、最近改装されたので、すごく快適です。ご飯も美味しいし、大きいお風呂もいつでも入ることができる。それに隣には友達もいるので、何かと集まっては楽しく過ごしています。

最近は、高校時代に野球部だったこともあり、経験を買われて(?)できたばかりの会社の野球チームに参加しています。なかなか皆で集まって練習ができないので、暇なときは寮の駐車場で自主練習をしています。

仕事にプライベートにと充実な毎日で退屈しないです。

先輩インタビュー