メニューを開く

インタビューVol.3

先輩インタビュー
仕事とラグビーを通して、自分らしさを

この会社を志望したのは、親元を離れたいということと、ラグビー部があったから。練習は火・木・土ですが、残業があると行けないことも。それでも、入部してからは欠かさず試合には出場しています。仕事との両立は大変ですが、リフレッシュにもなるので自分の生活のプラスになっていると思います。

仕事は、クレーン運転手などを経て、今は長さ6メートルの棒状の鋼材をまっすぐに矯正する作業を担当しています。出荷の直前の作業なので、気が抜けません。

先輩インタビュー

今だから笑って話せますが、鋼材の通り抜ける幅の設定を変え忘れて、材料を設備に詰まらせる大失敗をしました。その日は半日も製造ラインを止めてしまい、「クビ」が頭をよぎりました。それでも先輩や上司のフォローにより、今もこうして会社にいます。

休日は、愛車で名古屋までショッピングに出かけることが多いです。服やアクセサリーが好きなので、見て回るだけでも楽しいですね。高校時代の友人も、愛知県に出てきているので、一緒に遊びにいくこともあり、寂しさは感じません。

先輩インタビュー