メニューを開く

事業内容

素材特性を活かした生産技術で、
信頼性の高い製品群を生み出す。

独自のノウハウと技術を駆使し、電気炉で溶解した溶鋼を成形する「製鋼部門」。多様なニーズに合わせて検査・整備・加工を行う「二次加工部門」。自動車部品、ハイテク家電やOA機器、携帯電話部品などの精密素材を製造する「帯鋼部門」。鋼材を製品の最終形状・寸法成形する「鍛造部門」。それぞれが有機的に連携し、高品質な製品群を生み出しています。

生産部門

優れた素材から生み出される製品

棒鋼

棒鋼

棒鋼(ぼうこう)とは、棒状に圧延された鋼材。断面の形状により平鋼、丸鋼、四角鋼などに区分され、産業機械や輸送用機器のエンジン部分等に使用されています。

航空機のジェットエンジン部品

自動車のエンジンバルブ

風力発電機のドライブシャフト

新幹線のドライブシャフト

船舶のディーゼルエンジン排気バルブ

線材

線材

線材(せんざい)とは、線状に細長く圧延された鋼材。炭素量によって普通線材と特殊線材に分けられています。普通線材はボルト、ベアリング、金網など。特殊線材は、強靭性や耐久性が求められるケーブルや溶接棒などに用いられています。

眼鏡フレーム

ねじ・ボルト・ナット

鉄筋

ベアリング

金網

送電線

鍛造品

鍛造品

鍛造品(たんぞうひん)とは、金属素材を打撃・加圧することで金属内部の結晶を緻密化し、強度を高めながら成形された製品。 高い強度とじん性を持ち、幅広く動力伝達部品に使用されています。

航空機の動力伝達部品

自動車の動力伝達部品

風力発電機の動力伝達部品

新幹線の動力伝達部品

船舶の動力伝達部品

パワーショベル動力伝達部品

帯鋼

帯鋼

帯鋼(おびこう)とは、鋼塊を連続圧延して帯状にした薄板を、コイル状に巻き取ったもの。高い品質、精度、美しさ、加工性が求められる繊細な製品です。おもに、精密機械・医療器具・スポーツ用品等に利用されています。

金属バット

ゴルフクラブのヘッドフェイス

注射針

自転車の変速機

ハサミ

スマートフォンのバッテリー部品

粉末

粉末

粉末とは、金属を細かい粉状にしたもの。粉末冶金(ふんまつやきん)と呼ばれる、金属の粉末を金型にいれて圧縮して高温で焼き固める製法の材料になったり、ゴムに粉末を混ぜて作られる「ノイズ抑制シート」の材料になっています。

モバイル機器のノイズ抑制シート

デジタルカメラのノイズ抑制シート

自動改札機のノイズ抑制シート

パソコンのノイズ抑制シート

エアコンの金属部品

洗濯機の金属部品

自動車の金属部品